好きな植物を育てて癒しの空間を作ろう!

園芸を楽しむ工夫と虫の害を防ぐための対処法

園芸はお気に入りの花や野菜を自分の手で育てるのが大きな魅力です。
品種によってはプランターや植木鉢でも育てることが出来るので、庭が無い住宅に住んでいる人でも工夫を施すことで園芸を楽しむことが出来ます。
その一方で、花や野菜の育成は虫による食害に見舞われるリスクもあるので、日頃から虫を近づけないように注意する必要があります。
虫による食害は見栄えが悪くなるだけではなく、病気に感染して枯れてしまうケースもあることから、薬剤をこまめに散布して接触させないように心がけます。
また、植木鉢などで育てている場合は卵を産み付けられるのを防ぐために屋外に出さないのも効果的です。
植え替えを行う際は予め消毒を施した土を使用することで根や茎が食い荒らされるのを防ぐことが出来ます。
お気に入りの花や野菜は少しの手間をかけることで食害や病気の感染を防ぐことが出来るので、園芸に関する正しい知識を持つことが長く楽しむための心得です。

園芸と虫との関係性について

園芸を趣味として楽しむという人が増加傾向にあることが話題を集めており、関連する商品に人気が集まっています。
昨今においては、高齢化社会の進行に伴い、シニア世代の人に大きな人気を博しており、盛り上がりを見せています。
そんな中において、虫の存在も当然ながらクローズアップされています。
家庭菜園などをする際には、虫への対応が必須となりますが、その対応に苦慮するビギナーが多いのは事実であるとされています。
実際にその対応について、きちんとしたノウハウを身につけることができずに園芸を断念するという人の存在も多いといわれています。
定年退職などを機に、家庭菜園などを始める人も多いといわれていますが、それにあたっては、特に講習を受けたりすることはなく、見よう見まねで手を出すという人が多いのが現実であるといえます。
また、園芸や虫対策にまつわる商品の製造・開発を手掛ける業者にとっては、高まる人気を背景にして躍進が続いています。

check

熊本で包茎手術
http://mens.firstbeautyclinic.jp/kumamoto.html

最終更新日:2017/1/26

『園芸 虫』 最新ツイート

@GreeenRootS

<PR>かるつちくん(10リットル) ゴミ捨て可能でいやな虫が発生しにくい、軽い園芸培養土です。 長期連続使用、底面給水にも対応しているので、屋内のリビング・キッチン、ベランダガーデン屋上庭園にピッタリの商品です。 税込み1320円 https://t.co/GTQXvGhkRu

45分前 - 2020年10月20日


@kawauso

昆虫などは調べていないが、これもおそらくすごい種類がいる。園芸が好きでも虫が苦手だとなかなかこう林に分け入って入っていくのは大変である。僕は子供のころ全然平気だったが大人になったら少し苦手になり、でも最近また平気になった。なんでだろう。ただしギョッとするような虫は意外にいない。

20時間前 - 2020年10月19日


@ushitaro13

@asagaosaki 見分けられないと対処法もわかりませんよね😰園芸やってると虫にも詳しくなっていくんですね😅

1日前 - 2020年10月19日


copyright(c) 2015 「癒しの空間お庭造り」 all rights reserved.